稲刈りウイークでした。

どーも、松下です。
今週は稲刈りウイークでした。
先週から始めた、稲刈りも昨日無事に終える事が出来ました。
コンバインによって刈り取られた稲は、脱穀までされ、その籾は乾燥機によって15%程度になるまで乾燥します。
【籾の搬送】




乾燥を終え続いては、籾摺り機によって籾殻を脱ぷして、玄米の状態で袋詰めにします。

【籾摺りから袋詰め】








作業場二階の籾箱が空いたら、また稲刈りと繰り返す訳です。

昨日午前中に、稲刈りを無事に終えるとと、予報通り午後からは雨模様に(ー ー;)そして今日も一日中雨、ギリギリセーフでした。
【トラブル無く刈り終えました】


このシルバーウイークも、しばらくは雨予報になっております。慌ただしい一週間でしたが、今後の週間予報を見ると、稲刈りも終わって安心しました。

そして豊水梨も、最盛期を迎えています。



明日以降も、梨と葡萄に収穫に励もうと思います。

溝切り

どーも、松下です。
今日は、先日から中干しを始めている。水田の「溝切り」作業です。
中干しの効果としては、無効茎(穂にならない茎)の発生抑制。ガス抜き、土壌への酸素供給による根の健全化。地耐力を確保し収穫時の機械作業が可能になります。
【中干し】


この溝切り機に跨り、水田を走り溝を切っていきます。
【その名も田面ライダーV3】


【溝切り 前方視界】


【溝切り 後方視界】


溝切り後は、圃場に入れた溝を縦と横の繋ぎ目を、しっかりと繋ぎ排水口へと溝を引きます。
【溝の十文字の繋ぎ目】


この溝切りの効果としては、中干しの効果を高めながらも、フェーン現象など緊急時の迅速なかん水が可能になり、秋の長雨による停滞水の排水が容易になります。
また、この時期に田圃内を走る事で、圃場の排水の悪い所や、雑草の有無を確認する事も出来て、今後の対策を練る事が出来ます。
だいぶ前の事になりますが、田圃も乾かず、秋にコンバインによる稲刈りが出来ない所があり、手刈りをした苦い経験もあります(ー ー;)
毎年の事ですが乾きの悪い圃場は、ある程強めの中干しを行っております。






ザ.・田植え!

どーも、松下です。
昨日の朝仕事は、田植え機の点検&メンテナンス。
【田植え機のメンテナンス】




グリスの補充や注油を行い、そして、育苗プールの落水です。
【田植えを前に苗の様子】




根張りは良し、苗の草丈が伸び過ぎでした(ー ー;)

朝から苗を運んで、田植えの開始です(^_-)
【田植えの様子】










無事に初日を終え、また明日!
早く寝なきゃ(^_-)vと思いながら…。



彼岸の中日

どーも、松下です。

「暑さ寒さも彼岸まで」(^_^)

今日は彼岸の中日、秋分の日です。
そして秋の大型連休最終日、当園も無事に平成27年産のコシヒカリの刈取りを終えました(^_-)/
果物の贈答と稲刈りで、なんだか慌ただしい連休でした。
【稲刈りもクライマックス】


そして今朝は、先日籾摺りを終え調整したお米の出荷日でした。
【お米の出荷】




新米が、楽しみです(^_^)
今後は二回に分けて籾摺りをし、その後コンバインの清掃整備に入りたいと思います。
まあ、来月になってからだと思いますが。

そして、ルレクチエの畑を覗くと、玉の肥大も良好です。
【ルレクチエ】






稲刈りスタート

どーも、松下です。
当園も15日より、平成27年産コシヒカリの稲刈りが始まりました。
春から育てた、お米の収穫です(^_^)
初日、二日目と日差しに適度な風も吹いていて稲刈り日和でした。
【稲刈り始めました】






また今日は午前中に小雨が降り始め、午後からは本降りになり、籾摺り作業開始です…。

【籾摺り】

早く新米食べたいなぁ〜。


親父が担当の、豊水梨も最盛期を迎えていて、収穫の応援に行ってあげたいのですが、まだしばらくは葡萄&稲刈りモードですね…。
あっ!いけね、今年豊水の畑に行って梨の収穫していないかも(ー ー;)





出穂期を迎えて

どーも、松下です。
8月に入り連日35℃に迫る毎日です(ー ー;)
【巨峰の収穫】




収穫からのぶどう詰めは、エアコンの効いた作業場での作業になりますが、出荷を終えてからの屋外作業は汗だくです。

5月9日に田植えを行ったコシヒカリも、先日から出穂期を迎えております。
【出穂期のコシヒカリ】




そしてこの暑さですので、水管理も大切です。


夏真っ盛りですが、確実に秋は近づいてますね。

穂肥撒き

どーも、松下です。
台風11号が勢力を維持したまた、北上をし四国辺りから上陸する予報です。
その後、本土も縦断し日本海に抜ける頃から、進路が東へとカーブする予報になっております。
また、台風11号から離れている北関東や東北の方でも、大雨になっています。
また、甚大な被害が出ない事を祈るばかりです(ー ー;)

さて当園では、コシヒカリの一回目の穂肥(追肥)撒きです。
【コシヒカリ】

幼穂、葉色や稲丈をみながら、施肥量を調整して肥料を動力散布機で撒きます。
【動力散布機】


次回、二回目の穂肥まで葉色や稲丈をみながらの管理したいと思います。


溝切り

どーも、松下です。
昨日気象台から、新潟県を含む北陸地方が梅雨入りしたとみられる? 宣言がありました。
とは言うものの、雨らしい天気はなく…、果物にとって恵みの雨は欲しいものです。

当園も先日より、コシヒカリの水田は中干しに入っております。
【中干し】


そして今朝は、溝切り機の調子をみながら溝切りを始めました。
【乗用溝切り機 田面ライダーv3】




このマシンに跨がり、バイクの様に田面を走り溝を切ります。

【溝切り】




今日は朝仕事の時間帯だけで、次回は来週に入ってからにます。

それまでに、シャインマスカットの摘粒を終わらせたいです。

育苗プール

どーも、松下です。
お疲れ様です…。
当園では、私の両親が新高の摘蕾を行っており、私は未だルレクチエの誘引作業を行っております(ー ー;)
【改植したルレクチエ園】

明日あたりから、花粉取りの新興の花採りが始まりそうですが、あと二日位誘引作業がかかりそうです。

稲作の作業も、16日が育苗センターからの発芽苗の自己取り日になっており、昨日の夕方、苗床の整地を行って、今朝からは育苗プールの枠作りを行いました。
【苗床の整地】




【育苗プールのビニール敷】




今後一カ月は、梨の開花→花採り→受粉作業→田圃の耕運&代掻き→田植え→ハウス巨峰の開花と、秋の収穫に向けた重要な春作業が続きます。

この先の事を考えてしまうと、お腹いっぱいになりますね。



稲刈り!始まりました。

どーも、松下です。
今日から、当園も稲刈りがスタートしました(^_^)
昨日コンバイン、籾摺り機など点検整備を済ませ、今日を迎えました。
【コンバインの点検整備】

【籾摺り機】


今日は、当園の田圃ではありませんが、平成26年度産コシヒカリの刈り取り作業受託です。
毎年、頼まれている家のこちらの田圃からが稲刈りの初日になります。

【稲刈りスタート】



刈り取った籾は穀物乾燥機に張込み、適正水分に仕上げます。
【籾を乾燥機へ張込む】


【そして乾燥です】


この時期は、葡萄&梨の収穫と稲刈りで、日々慌ただしくなっておりますが、大切に育てた、お米や果物を収穫出来る喜びを、感じられる時期でもあります。

| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM