剪定、はじめました。

どーも、松下です。
昨日、一昨日は気温も上がり、小春日和の陽気となりました。
当園では先日より、ぶどうの剪定をはじめました。
まずは、加温のハウス巨峰からです。
毎年の事のように、この時期になりますと、晴れて暖かい日もあれば、冷たい雨となり、冬の到来を告げるミゾレ混じりの空模様になり、だんだんと外仕事も辛い時期になります。

【巨峰の剪定】




剪定は毎年、樹の状態も違うので、樹全体の様子を見たりして、間引いたり、切り戻したりします。
枝同士が混みあったりしない様に…、樹全体が「延びのび、ゆったり」するような剪定を心掛けております。

剪定ひとつで来年の出来が左右されます。これが、また難しいのです(ー ー;)/

お待たせ致しました!

どーも、松下です。
「お待たせ致しました!」今年のシャインマスカットの発送を先日より開始しました。
【シャインマスカット】


昨年は粒の裂果した房も多く、今年は今一度「初心に戻り」基本から見つめ直しました。
房重よりも、糖度の高い粒張りを目標に頑張ってきました。


早くから、ご贈答予約して頂きました方々の期待に応えられるよう、頑張りたいと思います。

【ぶどう詰め作業】









それと困った事に「迷走し停滞ていた?」台風10号が、今後進路を東よりに変え、その後北上し新潟県を目指して来そうな、進路予想になっております。

こちらとしては、全く「お待ちしていない」のですが(ー ー;)/
そんな事で、昨日は収穫を終えたハウスの防鳥網を取り込みました。
【防鳥網の取り込み】




今後の台風情報には、細心の注意を払って、早目の対策をとりたいと思います。

初出荷!

どーも、松下です。
7月の最終日、今年のぶどうの収穫が始まりました。
【種なし巨峰】



これまで、多くの手間と愛情を注いだぶどうの収穫です。
年々、ここにたどり着くまでの苦労が、本当に多く、その分喜びもひとしおです。

ただ出荷も終えてからの作業もあり、出荷を終えてからは、露地の巨峰やピオーネの傘かけです(ー ー;)
【ピオーネの傘かけ】


【巨峰の傘かけ】


さあ、明日からお盆の需要期に向けて、頑張りますよぉ!

ロザリオビアンコの摘粒

どーも、松下です。
今日は6月の最終日、朝仕事にハウス内の草刈りを済ませてから、石灰を撒いてロザリオビアンコの摘粒を、行っております。
【石灰の施用】




毎年の事ながら、摘粒泣かせの品種で着粒数も多く(100粒位も)、摘粒も一筋縄ではいきません(ー ー;)/

【ロザリオビアンコ】


一房40粒くらいにまで、摘粒します。
お手伝いいただいている、パートさん達もベテランで、摘粒のセンスも良く安心して任せられます。
【摘粒後】


落とした果粒で、地面は緑色に…。


そんな、摘粒も捗らないロザリオビアンコの摘粒は来月へと続きます(ー ー;)/

今頃になって(ー ー;)

どーも、松下です。
早いもので、6月も半月を過ぎました。
毎年の事ながら、今年も作業の遅れを取り戻せません(ー ー;)

今年は、加温栽培の巨峰の実止まりもパラパラだったので、摘粒もそこそこで済むかな?と思っていましたが、やはり鋏を入れないと、房がパンクしそうになってきました。

昨日から、巨峰の摘粒を開始です。
ホント今頃になって…、です…>_<…
【巨峰の摘粒】




そろそろ、着色期を迎えようとしているので焦ります…。

このハウスの外では、新高を栽培しておりましたが、今年になって枯れてしまい。
あらたに、ぶどうに改植です。
【ピオーネの苗木】


近年、梨の樹も弱り突然枯れたりして、改植する為に植えた苗木も育ちません。
とにかく早く成園化を図るのには、葡萄の方がいいかな。

また育苗ハウスに植えた、シャインマスカットも今年は、だいぶ房も下がりました。 やっぱり、葡萄は早くから結果が出ると思います。
【シャインマスカット 4月23日】


【シャインマスカット 6月16日】




さてさて明日は、農家組合で排水路の草刈りです。
暑くなり過ぎない事を祈るばかりです。

二回目のジベレリン処理

どーも、松下です。
今日は、花加温のハウス巨峰の「実肥」を施肥したのち、ここまでに摘粒を終えた種なし巨峰の二回目のジベレリン処理を行いました。
【種なし巨峰】


毎年二回目の処理は、ジベスプレーを用いて行います。
【ジベスプレー】




このカップに、果房を通して処理していきます。




近年、種なし栽培が主流になっているなか、年々作業が重複してしまい…。
少々、手が回らなくなってきているのが現状です。

その後、露地巨峰の花穂切りを行っておりました。
早いもので、5月も終わろうとしています(ー ー;)/

梨の摘果も進みません(ー ー;)

どーも、松下です。
先日、一回目のジベレリン処理を行ったシャインマスカットも少しずつですが、ぶどうっぽくなってきました。
【シャインマスカット】




一方、種なし巨峰は摘粒作業をし、二回目のジベレリン処理を待ちます。
【種なし巨峰】


そうこうしている間にも昨日、露地巨峰も開花してきました。
【露地巨峰 開花】


花穂切り前の岐肩切りを急いでます。

明日は、露地ピオーネの摘花穂&誘引を始めないとかな(ー ー;)/

常に省力化も考えていますが、やっぱり手間がかかるのは、仕方がない事ですね…。お陰で梨の摘果が進みません(ー ー;)/


日々バタバタと…、

どーも、松下です。
気候も初夏を感じさせられる日々が続き、ぶどうの作業も日々バタバタとしております。

ハウスの巨峰は「実止まり」を、確認し先日は微量要素を施用し潅水し、明日は「実肥」の肥料を撒く予定です。
【ハウス巨峰】

このハウスの巨峰は、多少なりに結実不足を感じる部分があります。

露地の生育も早く、日中の暑い時間帯はハウスの外に出て、露地巨峰の摘花穂&岐肩切りを行い…。

【露地巨峰】




夕方の時間帯は、ハウスに戻り「ジベレリン処理一回目を行っております。
【ピオーネ】


【シャインマスカット】




これから日々の、ぶどうの生育はスピード感があり、あっという間で摘粒が間に合わなくなってしまいます。
今後、まだまだ忙しい日々が続きますね。




一回目のジベレリン処理

どーも、松下です。
先日より欧州系ぶどうの開花が進んでおり、例年より早いペースで生育が進んでおります。
シャインマスカットは、花穂整形を終えました。
今年の目標は、大房よりも大粒のぶどうを狙いたいと思います。
【シャインマスカットの花穂整形】




ロザリオビアンコの誘引もあとひと息になりましたが、ロザリオビアンコも開花してきました。
【ロザリオビアンコ】


次から次へと開花し…新梢誘引も追われています(汗)
誘引もしながら、強い新梢は先端部の摘芯も行っております。
【新梢の摘芯も】



【ロザリオビアンコの花穂切り】




そして昨日から、種なし栽培の必須ですが一回目のジベレリン処理を始めております。
【種なし巨峰の一回目ジベレリン処理】




明日も、頑張るしかないですね。
では、また!


シャインマスカットも開花


どーも、松下です。
今日は、初夏を思わせる陽気になり、三条市も夏日手前の24℃、当然ハウスの中は、それ以上の気温です(ー ー;)

昨日は、当ぶどう部会&研究会の「花穂整形の指導会」がありました。そして、当園のシャインマスカットも開花しました。
【シャインマスカット開花】




シャインマスカットの誘引もひとまず終えて、今日からは引き続きロザリオビアンコの誘引です。

【ロザリオビアンコの誘引】




来週は、種なし巨峰の一回目の「ジベレリン処理」が、控えております。

夕方、ルレクチエ園の様子を伺うと幼果も、それとなく洋ナシっぽくなってきましたよ。
【ルレクチエの幼果】



| 1/12PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM