大寒…。

どーも、松下です。
今日は二十四節気のひとつ「大寒」です。
今朝はマイナス4度の冷え込みになり、雪も凍みてガリガリの朝を迎えました。
それでも、日中は日差しが出て気温も上がる時間帯もありました。 途中、小雨も降ってきたりと、慌しい天気でした。
さて先日の大雪も融雪が進み、畑の雪もだいぶ少なくなりましたが、また週明けから大雪に注意の予報になっております。
ハウス巨峰の残っていた剪定も終わらせて、再びルレクチエの剪定にを始めました。
【ルレクチエの剪定】




【今朝は寒いニャ〜】


やはりというか、昨年より作業も遅れている事を実感しますね(T_T)

例年だと、年内にぶどう、新興の剪定を終わらせて、年明けからはルレクチエの剪定を行なっているのですが、今日は20日ですよね…。

剪定もかなり遅れてますね。まだこの時期と思いでしょうが…、今の時期にある程度、剪定を終わらせ誘引に取り掛からないと、2月後半はハウスのビニール張りの準備等で、殆ど梨の誘引もする時間がなくなります。

なので冬場どれだけの時間、畑(現場)に出ているかが勝負になります。
少しばかり息抜きもしたくなってきましたが、現況を考えると今は、まだ剪定を頑張るしかないですね。

ちなみに、スキー板も未だクローゼットの中で、お休み中です…。(苦笑)

新潟県内は大雪に…。

どーも、松下です。
新潟県内も平野部を中心に、昨日から大雪に見舞われました(T-T)

そして各交通機関にも、大きな影響を与えました。

全国ニュースでも伝えられた、JR信越線の15時間にも及ぶ立往生や幹線道路の大渋滞と、新潟の冬本番モードになっております。

我々果樹農家も、毎年大雪に見舞われると果樹棚の雪害等の被害も発生したりと、自然の驚異を感じます。

昨日は朝と夕方の二回の除雪でも、今朝には、また除雪です。
【除雪してもまた…、】








そして剪定も、新興の剪定&穂木とりを終えてから、ルレクチエの剪定に取り掛かっておりましたが、この雪でまだ終えていなかった、露地巨峰、ハウスの巨峰の雪落としを行いながらの剪定。
比較的、午前中は一時的に晴れ間ものぞいていたので、大急ぎでハサミを動かします。
【雪を落としながら剪定】






この雪も、早く落ち着いて欲しいものです。
そんな事で、昨日今日で雪疲れを感じているので、今日は早めに寝ます!

それまで、また!

今年も宜しくお願い致します。

2018年がスタート!
今年も宜しくお願い致します。
さて新年を迎え、皆さまいかがお過ごしでしようか?

我が家の今年のお正月は、喪中でお年始の挨拶まわりもなく、いたって普段通りのお正月を迎えております。

元旦と今日は雪もなく、年末からの剪定の遅れを挽回するべく、畑に出ておりました。
まずは、新興の剪定を行いながら、輸出用の穂木とりです…。
【新興の剪定】




【新興の穂木とり]


しかし天気が良かったものの、夕方近くになると、予報通りの雪になり撤収(T_T)
その後は、作業場に戻り「穂木の調整」です。 太さや花芽の芽数を基準に沿って調整します。

お正月気分はありませんが…、皆さま本年も宜しくお願い致します。

大晦日

どーも、松下です。
2017年もあと数時間で終わろうとしております。
そんな大晦日を、皆さんいかがお過ごしでしようか?

さて当園では、今日が仕事納めです。先日まで、まだルレクチエの出荷も行なっていたので、作業場も洋梨バージョン。この作業場が空かない事には、農機具も片付け出来ません。
【ルレクチエ出荷もラストスパート】


そして昨日から、作業場の後片付けを行ない…、今日は天気も夕方まで、もちそうだったので朝から、育苗ハウスのビニール除覆です。
【ビニール除覆】




ここまで、農機具の格納と兼用で活用してきましたが、冬季間は雪害も怖いので、暮れのタイミングで…。農機具の格納まで間に合いました。
【格納です】


一年を振り返ると、水田の受託、お盆過ぎからは、当JA管内の直売所への出荷も始めたので、例年より毎日が慌ただしくなった様に感じました。
そして、年末には家族の不幸も重なり、暮れまでバタバタした一年となりました。
剪定も中断したまま、年を越しますが2018年も、皆さまに旬の果物をお届け出来るよう、日々精進してまいります。
それでは、良いお年をお迎えください!

新潟の雪…、

どーも、松下です。
昨晩からの雪は県内平野部で、まとまった雪となり、今朝外に出てみると25cm位の積雪となっていました。
【12月6日の朝】


【朝から育苗ハウスの雪おろし】


【そして除雪】




暦の上では、明日7日が二十四節気の「大雪」という事で、新潟の冬本番モードになってきました。

新潟の冬の絶品といえば、ルレクチエ…。追熟も今年は遅ればせながら、当園も、今月に入ってから、お歳暮のご贈答として発送が始まりました。

【ルレクチエの地方発送】






先日のうちに、ロザリオビアンコと露地巨峰の剪定を済ませておいて、良かったです。

【ロザリオビアンコの剪定】




【露地巨峰の剪定】


まだ、家の周りのハウス巨峰の剪定が終わってはいませんが、とりあえず遠い葡萄畑だけでも、きまりがつきました。

それにしても、この雪で剪定作業が進みませんね(´-`).。oO

晩秋、そしてルレクチエ

どーも、松下です。
今月も半ばすぎて、日に日に気温も下がり、雨の混み合う日が多くなってまいりました。

遠くの山々が薄っすらと雪化粧し、晩秋の装いになってきました。

当園では晴れ間をぬって、収穫の終えた欧州系ぶどうのハウスのビニール除覆を行なったり、昨日は新興梨の出荷を終えた作業場にコンバインの格納したりと冬支度も、始めております。
【欧州系ぶどうハウス】




【コンバインの格納整備】


この週末は雪予報も出ておりますので、早めのタイヤ交換も全台済ませ、ハウス巨峰も少しずつですが剪定も始めました。
今後は、雪害の心配なぶどう畑も、荒剪定だけでも行なってこようと思います。

さて、11月22日は新潟県のブランドでもある、西洋ナシのルレクチエの販売が解禁されます。 今のところ、色回りも遅めで来週の解禁日から、ドンドンと出荷とは行きませんが、12月の始めからは出荷も含め発送も可能だと思います。
皆さま、楽しみに待っていて下さい!
【追熟中のルレクチエ】


これから年末までの、一ヶ月ちょっと…、慌ただしくなりそうです。

立冬を過ぎて

どーも、松下です。
11月も7日の「立冬」を過ぎて、今日は北寄りの風が強く寒い1日になりました。
今月に入り、来年に向けての作業や、ルレクチエのOPP袋入れも始まりました。
【追熟中のルレクチエOPP袋入れ】


収穫の終えた、ぶどうは来年に向けての「元肥」の施肥、耕運を行い冬季間、雪の下で地力を蓄えます。
【ぶどうの元肥】






【耕運し、来春を待ちます】




一方、幸水の園地では昨年も実施した、海藻エキスの土壌散布を、この秋も行ないました。
【海藻エキスの栄養を】


昨年の秋に散布して、今年の成績をみてみると、一概に言えませんが…、「悪くないみたいですね」

その年その年の天候にもよりますが、その中で品質の差があり過ぎないように、安定して良質な果物を栽培したいものです。 本音から言うと、これが一番難しい事なんですよね。

その為にも、日々努力していきたいと思います。

10月も最終日

どーも、松下です。
また先週末に、日本列島に接近した台風が低気圧に変わり、北海道沖で再度急速に発達した影響で、西高東低の冬の気圧配置となりました。
昨日今日と、気温も低く急激な雨に混じりアラレも降りました。

だんだんと冬が近づいているなぁと感じます。

【新興梨の収穫】<







当園では、27日までに新興梨の収穫を終える事が出来て、今回のアラレ等の被害は受けずに済みました。

間一髪セーフと、いったところです(T_T)

その新興梨も今日から出荷が始まりました。
もぎ終えた梨を、今後は選別出荷の作業が続きます。

なかなか、雨が降ると短時間の雨量も多いので、ぶどうも石灰や元肥撒きは、まだ先になりそうです(*_*)

一難去って…、

どーも、松下です。
先月に続き今月も、また台風21号の影響で、慌しい週末になりました。
また各地で、多くの被害がありニュースを見ては心が痛みます…。

当園では新高の収穫、そしてルレクチエの収穫と段取りをつけ収穫の予定でしたが、今回の台風でだいぶ急がせられましたね(T_T)
【新 高の収穫】




そして、ルレクチエの収穫です。欲を言えば、もう少し天気も味方してもらえれば良かったのですが…、台風前にもぎ終わる事が出来ました。
【ルレクチエの収穫】






昨年は、セイヨウナシ褐色斑点病の被害果も多かったのですが、今年は殆んど無いように思います。
これから40日位の追熟に入ります(^。^)

また先日までに稲刈り後の田圃も、稲ワラのすき込みを終えて、地力維持に努めております。
【秋打ち】




さてさて、和梨の収穫も残りは新興のみ、季節も晩秋の装いになってきました。

10月がスタートしました。

どーも、松下です。
早いもので怒涛の9月が終わり、10月が始まりました。今月で、当blogも6シーズン目に突入です。
相変わらず、自身の作業日誌の様なblogですが、今後とも宜しくお願いします。
さてさて、先月はこのblogをスタートして以来の月一回の更新で、終わってしまいましたが(月一回の更新は初)…(T_T) 怠けていた訳ではなく、毎晩残業で夜はそのまま寝落ちの日々でした。

今回は、そんな9月を振り返りつつ書こうと思います。

今年から、委託を受けた田圃での「こしいぶき」稲刈り&乾燥調整が終わった、9月14〜21日は「コシヒカリ」の稲刈りとなりました。
【コシヒカリの刈取り】


【無事に平成29年度産米刈取り終了】


そんな中、敬老の日の連休9月17日は、台風18号の列島縦断に伴い、防風対策です。
【防風網を張って、強風対策】





やはり18日の未明から、強風が吹き荒れ瞬間最大風速では31mの暴風を記録…。これでは、収穫期の梨、豊水やあきづきも落果しました。 特にあきづきは風に弱いのか、他の梨よりも被害が多いように感じました。実際のところ果樹共済の評価員を担ってまして、18日午前中は当JAの直売所で、ぶどうの試食販売会を済ませ、午後から被害調査に出勤してきました。
【あきづきの落果状況】


そして帰ってからは、深夜まで籾摺り作業(T_T) ここで二階の籾箱を開けないと、翌日の稲刈りが出来ないので。
【台風でバタバタした〆は籾摺り作業】


そして10月2日が、豊水の機械選果が終了するにあたり、稲刈り後は主力の豊水のもぎ込みです。
【豊水収穫ラストスパート】






毎年の事ながら、圃場条件的にも収穫期後半いや、終盤にならないと熟してこないので、前半より残り5日間の収穫が勝負になってしまいます。
以前ほどではないですが、昔はラスト3日間で1000コンテナの収穫&出荷した事も…(T_T)

【最後の出荷】


そして昨日、最後の籾摺りを終えて、今日無事に出荷する事が出来ました。
今年の作柄は、やはり収量減でした。それでも、自分が想像していたより悪くなかったので、また来年に向けて課題をもって、取り組みたいと思います。

【ロザリオビアンコ】


さて10月も、まだシャインマスカット、ロザリオビアンコ、ピオーネと、ぶどう収穫もありますので、皆さん食欲の秋を満喫して下さい。

| 1/26PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM