平成最後の花粉付け!

どーも、松下です。

早いもので、今日が平成最後の水曜日のようです。来週の水曜日には、元号も令和に改まっています。


という事は、今行っている梨の人工授粉も「平成最後の花粉付け」になりますね。


そんな梨の花粉付けまでの当園のストーリーです。

先ずは先週17日より始めた、花粉を採取する為の新興、豊水の花摘みです。

【花摘み】



【採葯器にて蕾を粉砕して雄しべ柱頭の葯を取り出す】




2〜3回、篩(ふるい)にかけた葯は、室温27℃位に設定してある開葯器の中で一日半を経過して、葯の袋が破れ中から花粉がでます。

この花粉を、他の品種の受粉に使います。


【開葯器】



【今日までの花粉付け】






ここまで、花粉付けも進めてきました。

正直なところ、今夜も早い時間帯からまとまった雨が降っています。 

天気予報も二、三日雨が続く予報になっていたので、少々無理しての花粉付けです。

雨後は、幸水と開花していなかった枝の受粉作業に入る予定です。


開花間近なのです。

どーも、松下です。

ようやく春らしい陽気が戻りはじめました。そうなると、いよいよ梨も開花期に突入です。

先週末の13日、「こしいぶき」の育苗プールに入水を済ませ、翌日はコシヒカリの出芽苗の引き取り日でした。

【こしいぶき  プール入水】



【育苗シートに覆われたコシヒカリの苗】


そしてこの陽気にのっかり、ルレクチエの圃場では、セイヨウナシ褐色斑点病の対策として、春の中耕を行いました。  耕種的防除により残りの落ち葉からの越冬菌も叩く目的です。

【ルレクチエ 春の中耕】



そして花粉採取の為の花採りが、始まるまでは要らない花芽の「摘蕾」ですね。

【主枝、亜主枝の先端部の摘蕾】


遅ればせながら…、この陽気に、ぶどうの苗木を植えました。   定植するまでは、ココで育成させます。

【ぶどうの苗木植え】 



こんな感じで、今日の午後から新興の花摘みが始まったので、またまた忙しくなりそうです。


寒い四月になってます。

どーも、松下です。

四月に入り、気温も低く寒い日が続いております。

月始めには雪が降る事もあり、スタッドレスタイヤも、ようやく先日交換する事が出来ました。

ルレクチエの誘引作業も、若木の誘引となり目処がついてきました。


そんなミゾレ混じりの2日は、育苗プールを作っておりました。

【育苗プール作り 整地からシート敷き】



そして7日には「こしいぶき」の出芽苗を育苗センターより自己取りして、今後育苗期間に入ります。

【こしいぶきの出芽苗】



今年は、平成最後の育苗と来月からは新元号 令和になり最初の田植えとなる訳です。


一方ぶどうハウスでは、巨峰の芽かきを始めました。   今後は、果樹と稲作の作業が重なる時期にもなります。

【巨峰の芽かき】




このところの気温が低い日が続き、生育も少し足踏み状態ですが、体調管理に気をつけて

、これからの繁忙期に備えたいと思います。


新年度がスタート!そして…、『令和』

どーも、松下です。

今日は4月1日、新年度がスタートして新社会人や学生さんになられた方々も希望多き春の一日だったのではないだろうか。


そんな今日は、新元号が発表されるという事もあり、日本列島は朝からテレビやラジオも新元号の発表の動向を見守っていた。


そして、お昼前の11時40分頃、政府からの正式な会見が行われ、菅 官房長官から新元号の

『令和(れいわ)』の発表がされた。


今月末には『平成』も31年の幕を下ろして、来月からは『令和』という新元号のもと新たな時代がスタートしようとしている。


そんな今だからこそできる、新たなる事に挑戦してみようと思っている。

それが何んだかは、今は漠然としているが「コレ〇〇元年の年に始めたんだよな」って後に思い返せるような事を考えている。


さてさて、まだルレクチエの誘引も残っておりますが、気持ち新たに明日からも頑張りたいと思います。

【ルレクチエの誘引】



昨日は春分の日

どーも、松下です。

春分の日の昨日、当ハウス組合の第三回目の日程が始まりました。

彼岸入りをした18日からは、好天に恵まれ暖かい日が続いていましたが、昨日の春分の日は、午前中は雨の中でのビニール被覆…、しかも気温も高くて雨具の中は雨なのか汗なのか?ビショ濡れです(T_T)


お陰様で昨日、当園のぶどうハウスのビニール被覆は終わりました。

あとは順調に半日くらいの日程で、組合作業も終わります。


私が担当の幸水の誘引も終わり、先日からルレクチエの誘引を始めました。

【ルレクチエの誘引】




朝や雨の時間帯は、ハウスの中でぶどうの結果母枝の誘引をしています。


【主幹のコケ、皮削り】



【ハウス巨峰  結果母枝誘引】


昨日は、県下でも6月並みの気温になったところも、今日は10℃位も気温も下がり、まだまだ暑さ寒さに波があるように、またこの週末は冬の寒さに注意が必要だそうです。


春の風物詩

どーも、松下です!

昨日は3月3日の「ひな祭り」、そして当地区では、毎年恒例の春の風物詩?  ぶどうハウスのビニール張りがスタートしました。

【ぶどうハウスの共同ビニール被覆】


初日の昨日は好天に恵まれたものの、明けて2日目の今日は、本降りの雨が降り雨具も効かず、弱音を吐きそうになりました。

【雨天のビニール被覆はコレです】



当ハウス組合では、雨天時のビニール被覆の際は、長靴の土踏まずあたりに荒縄を巻いて、滑り止め代わりにします。

まあ気安め程度かもしれませんが、意外と滑りにくくなります。

お陰様で本日、当園の巨峰のハウスも1棟、ビニールを被覆しました。

【当園の巨峰のハウス】


このビニール張りの期間中は、誘引作業も中断していますが、これまでは幸水の誘引を行なっていました。

【幸水の誘引】


今後のビニール被覆の日程も、怪我の無いように気をつけたいと思います!


雨水

どーも、松下です。

今日は、二十四節気のひとつ「雨水」。

空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶けて水になるという意味で、また草木の芽吹く頃から古くは、農耕の目安ともされておりました。

実際、今年は田畑には雪も溶け、最近では雪より雨が降ることが多くなっております。


そんな昨日、今日は午後から、平成30年産の果樹出荷反省会が行われました。

昨年は、やはり気象災害の多い一年で例年にない猛暑や台風の影響での出荷量は激減という一年でした。

この結果には、改めてお天気相手の業界の怖さを実感しました。


ただ今年一年、また頑張れる励みにしようと思った事は、市場担当者から「皆さんの作った果物を待っているファンがいることを忘れないで下さい! 昨年ぶんまで今年も、ファンの方々は待っていますよ」


この言葉を、励みに今年も頑張ろうと思います。


そんなことで、現在は「あきづき」の誘引作業を始めました。

【あきづき の誘引】


【主枝の先端は高さをもたせて】


棚面の枝の配置や、主枝、亜主枝の先端強化を意識して作業をしてます。

まだしばらくは、会議等の予定が多く、誘引作業の足踏みは覚悟してます。泣


冬から春、春から冬。

どーも、松下です。

先日の立春では、北陸地方に「春一番」が吹き、雪も消え一気に春全開の陽気になりました。

【あきづきの剪定】


この春の陽気に後押しされるかのように、あきづきの剪定も捗り、最後は家の一番近くの幸水の畑に入りました。


そして今日は、昨日よりも10℃以上も低い、真冬日となりました。

【幸水の剪定】


久しぶりに、夕方は足の指先まで冷たくなってしまいました(T-T)   ただただ寒い日でした。


この3日間くらいの間で、季節も冬から春へ、そして春から冬へと、慌ただしい天気となっています。 

今後しばらくは、真冬のような天気予報になっております。


それでは皆さん、風邪などひかないようにして下さい。



今日は節分

どーも、松下です。

はやいもので今日は「節分」…、明日の「立春」を迎えれば、暦の上では春の訪れとなります。

先月末は冬の寒さ、積雪もありましたが、今日は気温も上がり少しばかり汗ばむ時間帯も…。

【幸水の剪定】

【節分の日】


この2月の立春を過ぎると、気分的にも春モードになって慌しくなります。   ましてや今年は雪も少なく、ここまで暖冬傾向です。

間違いなく春も早まり、春作業はバタバタしますね。

 ぶどうハウスのビニール張りまで、どこまで剪定や誘引を捗らせるかが勝負です。


昨日は大寒!

どーも、松下です。

昨日は、一年で一番寒い頃と言われる二十四節気は「大寒」でした。  丸一日、雨模様の天気で、久しぶりに外での剪定は諦め、休みにしようかと思いきや…、我が家の子供たちはインフルエンザにかかり、私も外出自粛の自宅待機としました。


そして今日は、晴天でした!

【ルレクチエの剪定】


幸い積雪もなく、平年より気温も高い日が続いていますが、今日は夕方を過ぎてから雪が降りはじめました。  この時間(夜)、外はうっすらと雪化粧をしています。


とにかく、インフルエンザが流行っております。 皆さん、自身の体調管理には気をつけて下さい!       昨年は、この流行期には感染しなくて、ハウスのビニール張りが始まった3月になってからインフルエンザでダウンしました(T_T)

なので言っている私も、ダウンするのは時間の問題なのかもしれない。



| 1/31PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM