9月に入って…、収穫の秋全開!

どーも、松下です。

9月に入り秋の味覚、新米や果物の季節になってきました。

ただ秋の天候は変わり易く、8月の後半は長雨になり、刈取り前の稲穂の登熟や圃場条件の悪化も心配するくらいの雨量が降りました。

そんな稲刈りも、長雨になる前の先月27日と、31日の晴れ間を利用して、早稲品種の「こしいぶき」の刈取りを行ないました。

【こしいぶき  稲刈り】



刈り取られた籾は、乾燥機で穀物水分15%を目安に乾燥した後 、籾摺りを行ないます。

【籾の乾燥から籾摺り作業】


乾燥後、籾を二階の籾部屋へ上げ、籾部屋のジョウゴをつたい、一階の籾摺り機へ降ろし籾摺りを行ないます。

【籾摺り作業】




こしいぶきの籾摺りまで終わらせて、今後コシヒカリの稲刈りとなります。


【幸水の収穫も…、】


幸水梨も、本日機械選果、最後の選果日となり、今後収穫も幸水から豊水へとバトンタッチしていきます。


【シャインマスカット】


【ロザリオビアンコ】


そして、お待たせいたしました!

シャインマスカット、ロザリオビアンコの欧州系葡萄の収穫も始まりました。

予約注文品も、徐々に発送を予定しておりますので、ご注文をいただきました方々には、今しばらくお待ちください!


では、また!




処暑を過ぎ

どーも、松下です。

昨日23日は、二十四節気のひとつ「処暑」…、夏の暑さも峠を越え、幾分か過ごし易くなってきた頃となりました。

あれだけ猛暑で暑かったお盆も過ぎも、19日頃からは大雨に見舞われたり、雨天の日が続きましたら、既に秋の空気と変わりましたね。

【一旦降りだすと、大雨なんです】


当園でも、お盆過ぎから幸水梨の収穫が始まったいましたが、昨日あたりからは最盛期を迎えています。

【幸水の収穫】



そして、夏場の高温で早稲品種の稲刈りも早まっています。

少しずつ作業場の片付けや清掃、機械関係の整備点検や試運転を始めました。


【乾燥機の保守点検】


【コンバインの整備】



この先の天気も、曇りや雨の不安定な予報になっています。

稲刈りも始まるので、しばらく好天の日が続いて欲しいものです。


今日は「立秋」です。

どーも、松下です。

今日は二十四節気のひとつ「立秋」です。

暦の上では、秋の訪れを…ということになりますが、連日の猛暑が続きます。


前回のblogの更新が先月23日の振りで、梅雨明けまだかなぁ?と書き込んでおりましたが、その翌日24日に梅雨明け宣言が発表され、県内も夏本番を迎えています。

【梅雨明けのギラギラ】


当園では、ちょうど梅雨明け宣言が発表された日から、ぶどうハウスのビニールを除覆し、防鳥網を張って収穫を待ちました。


そして先月末の31日より、今年の巨峰の収穫がスタートした次第です。

【巨峰の収穫始め】



【ぶどう詰めの作業】


この間、同時に新興の袋かけも行っていて、つくづく今年の作業の遅れを実感しました。(8/3 に袋かけ終わりました)

【新興の袋かけ】



今はお盆に向けて収穫も最盛期を迎えて、慌ただしくなっております。


連日、暑い日が続いておりますが、皆さんもこまめな水分補給等、体調管理には気をつけて、この暑い夏を乗り切りましょう! 


では、また!



大暑ですが、

どーも、松下です。

今日は、二十四節気のひとつ「大暑」です。一年を通じて一番暑くなる頃ですが、県内は未だ梅雨も明けずジメジメと蒸し暑かったり突然のにわか雨に、ホントもう少し梅雨とお付き合いしないとです。


【新高の袋かけ】

さて当園も、遅れおくれとなっていた新高の袋かけも終わり(T_T)

雨で袋かけが出来ない時は、幸水、豊水、あきづきの仕上げ摘果を行なっています。


今日の午前中には、県農業大学校の果樹専攻の学生さん達の視察があり、卒業生として出来る限りお話しもさせて頂きました。


20数年前は、自分も校外研修等で色々な農家さんへお邪魔させてもらい、お世話になったのもです。

【コシヒカリ 穂肥二回目】

午後からは雲が重ための空の下、コシヒカリの二回目の穂肥撒きです。

そして、早稲品種の出穂期を迎える頃になりました。

では、また!


七夕の日。

どーも、松下です。

今日は7月7日、七夕です。

そして、二十四節気のひとつ「小暑」という事で、少しずつ暑さも増してくる頃となります。

ちょうど県内も、梅雨のひと休みという感じで、昨日今日は気温も上がりました。


当園では先日、早稲品種「こしいぶき」の一回目の穂肥を施肥しました。

【こしいぶき  幼穂長を確認して】


また圃場の、葉色を見ながら施肥量も調整します。

【こしいぶき  穂肥撒き】


また、今週も予定も多い中ですが、遅くなった、シャインマスカットの袋かけやピオーネの摘粒も頑張らないとです。

【シャインマスカットの袋かけ】



【ピオーネの摘粒】


摘粒泣かせの、ロザリオビアンコも大急ぎなんですが、とりあえず梅雨の晴れ間は露地ぶどうの摘粒もしないとなんです。


でもコレ見ちゃうと、ビアンコの摘粒急がないとかな(>人<;)

【ロザリオビアンコ】


ということで、今月も頑張ります。



想定以上に捗りません。

どーも、松下です。

今月は22日が「夏至」ということで、一年を通して一番の稼ぎ時…?

  いや、そうじゃない…。   朝から晩まで、作業に追われているだけです。


また、その他にも出荷組織の役員会や農家組合の活動も多い月でもありました。


こまめな、更新が出来なかった今月ではありますが、ここまでの当園の様子になります。

なお、終了している作業もなく現在進行系ってのが、一番マズイです。

【シャインマスカット】



【ルレクチエの袋かけ 途中経過】



【溝切り】




ハウス巨峰では着色期に入リましたが、まだまだ露地葡萄の摘粒や、摘粒泣かせのロザリオビアンコも控えております。  

ヤベェーーー。汗。。。

【ロザリオビアンコ (>人<;)】


梅雨時期でもありますので、天気をみながらハウスの中と露地を行き来しての摘粒作業や袋かけになります。


ではでは、また!



気づけば6月…、

どーも、松下です!

早いもので、元号も令和となり一ヶ月が経過し、改めて駆け足のような先月を振り返ると、ハウス巨峰では実止まり後の追肥の「実肥」撒きや、誘引の種なし巨峰の摘粒や、二回目のジベレリン処理など、5月下旬はバタバタとしてしまいます。

【巨峰の栽培管理】


【種なし巨峰の摘粒】


摘粒を、


してあげます!


そして、2回目のジベレリン処理です。




ぶどうの摘粒もまだまだ、序盤なんですが既に、後半の露地栽培の巨峰・ピオーネも開花し、また摘粒を中断して、花穂整形に取り掛かりました。


6月入って昨日から、あきづき&ルレクチエの新梢管理です。

芽かきも怠り気味だったので、樹の主幹部も新梢で混み合い、日当たりや防除効果も悪そうです。


なので、新梢管理を行います。


【ルレクチエの新梢管理】


という事…、今月も作業が盛りだくさんです!


そして、色々な用事も盛りだくさんです(T . T)


では、また!


連日の夏日でハウスの中では、

どーも、松下です。

このところの暑さは、30℃に迫る気温にカラダも少々バテ気味…。


当園のコシヒカリ、こしいぶきの田植えも9日、10日と無事に植え終わり、待った無しでそのまま、ぶどうハウスに缶詰めです。


【育苗を終え無事にこの日を迎えます】




田植えからの毎年のルーティーンはハウス巨峰の花穂整形や新梢誘引になります。


そして、満開を過ぎた後は1回目のジベレリン処理が行われます。


【種無し巨峰の花穂整形】



【1回目のジベレリン処理】



シャインマスカットの花穂整形も、あと数日かかりそうで、明日以降も昼間は花穂整形を夕方からは1回目のジベレリン処理を行う予定です。

【シャインマスカット】



最後に…、今年は大事な梨の受粉作業期間に3日間、雨天で中断してしまいました。

その影響か、雨前と後での結実の差があり、また品種によっても、一年枝の結実不良が目立つように思います。


当園でも、樹が丸々一本枯れてみたりと枝枯れなど目立ちます。

そんな中、今年実を付けてくれた、果実は大切に育てていこうと思います。

【ルレクチエの結実状況】



超大型連休も終わる。

どーも、松下です。

元号も「令和」と改まり早6日…、そして「立夏」の今日は、三条でも午前中に気温が上がりました。  お昼を境に風も出てきて気温も下がり、陽が落ちる頃には、まとまった雨となりました。


この大型連休は、ほぼトラクターの中で過ごすことになりました。

耕運からの田んぼに水を張り荒代掻き、今日の午後からは仕上げの代掻きを始めました。

【代掻き】



肝心の田植えは?  8日の午後から出来たらいいなぁ。 

その時の、他の作業との兼ね合いもみながらですね。


ハウス巨峰も、開花を前に副穂切りまで終わり、花穂切り待ちです。

【ハウス巨峰】



梨は受粉後、実止まりを確認できた。新高から摘果を始めました。

【新高の実止まり】


新緑の季節らしく、果樹も新しい葉が出てきて一面に緑が広がる5月…。


さてさて今月も、頑張るかあ。


平成最後の日

どーも、松下です。

早いもので、今日は4月30日…、平成最後の日となりました。

色々なメディアでも、平成の30有余年の時を振り返る番組もあり、懐かしく思える出来事など時の経つ速さを実感しました。


さて当園では、雨で三日間の中断していた、梨の受粉作業も昨日無事に最後の幸水まで、ひと回りできました。


受粉作業が雨で中断していた三日間のうちに、ハウス巨峰の弱い新梢の摘花穂を行なっておりました。

【弱い新梢の花穂の整理】

わかるかなぁ。  新梢の勢力を見ながら、要らない花穂を整理してあります。


という事で、昨日の午後からは田圃に元肥の肥料撒きや、土壌改良の微量要素撒きを行い、今日から耕運の開始です(^。^)v

【元肥撒き】


やはり三日間も降った雨のお陰で田圃も柔らかくなっちゃてね。泣

【田圃の耕運】



明日から新元号のもと、5月も頑張ります!



| 1/32PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM