立冬を過ぎて

どーも、松下です。
11月も7日の「立冬」を過ぎて、今日は北寄りの風が強く寒い1日になりました。
今月に入り、来年に向けての作業や、ルレクチエのOPP袋入れも始まりました。
【追熟中のルレクチエOPP袋入れ】


収穫の終えた、ぶどうは来年に向けての「元肥」の施肥、耕運を行い冬季間、雪の下で地力を蓄えます。
【ぶどうの元肥】






【耕運し、来春を待ちます】




一方、幸水の園地では昨年も実施した、海藻エキスの土壌散布を、この秋も行ないました。
【海藻エキスの栄養を】


昨年の秋に散布して、今年の成績をみてみると、一概に言えませんが…、「悪くないみたいですね」

その年その年の天候にもよりますが、その中で品質の差があり過ぎないように、安定して良質な果物を栽培したいものです。 本音から言うと、これが一番難しい事なんですよね。

その為にも、日々努力していきたいと思います。

10月も最終日

どーも、松下です。
また先週末に、日本列島に接近した台風が低気圧に変わり、北海道沖で再度急速に発達した影響で、西高東低の冬の気圧配置となりました。
昨日今日と、気温も低く急激な雨に混じりアラレも降りました。

だんだんと冬が近づいているなぁと感じます。

【新興梨の収穫】<







当園では、27日までに新興梨の収穫を終える事が出来て、今回のアラレ等の被害は受けずに済みました。

間一髪セーフと、いったところです(T_T)

その新興梨も今日から出荷が始まりました。
もぎ終えた梨を、今後は選別出荷の作業が続きます。

なかなか、雨が降ると短時間の雨量も多いので、ぶどうも石灰や元肥撒きは、まだ先になりそうです(*_*)

一難去って…、

どーも、松下です。
先月に続き今月も、また台風21号の影響で、慌しい週末になりました。
また各地で、多くの被害がありニュースを見ては心が痛みます…。

当園では新高の収穫、そしてルレクチエの収穫と段取りをつけ収穫の予定でしたが、今回の台風でだいぶ急がせられましたね(T_T)
【新 高の収穫】




そして、ルレクチエの収穫です。欲を言えば、もう少し天気も味方してもらえれば良かったのですが…、台風前にもぎ終わる事が出来ました。
【ルレクチエの収穫】






昨年は、セイヨウナシ褐色斑点病の被害果も多かったのですが、今年は殆んど無いように思います。
これから40日位の追熟に入ります(^。^)

また先日までに稲刈り後の田圃も、稲ワラのすき込みを終えて、地力維持に努めております。
【秋打ち】




さてさて、和梨の収穫も残りは新興のみ、季節も晩秋の装いになってきました。

10月がスタートしました。

どーも、松下です。
早いもので怒涛の9月が終わり、10月が始まりました。今月で、当blogも6シーズン目に突入です。
相変わらず、自身の作業日誌の様なblogですが、今後とも宜しくお願いします。
さてさて、先月はこのblogをスタートして以来の月一回の更新で、終わってしまいましたが(月一回の更新は初)…(T_T) 怠けていた訳ではなく、毎晩残業で夜はそのまま寝落ちの日々でした。

今回は、そんな9月を振り返りつつ書こうと思います。

今年から、委託を受けた田圃での「こしいぶき」稲刈り&乾燥調整が終わった、9月14〜21日は「コシヒカリ」の稲刈りとなりました。
【コシヒカリの刈取り】


【無事に平成29年度産米刈取り終了】


そんな中、敬老の日の連休9月17日は、台風18号の列島縦断に伴い、防風対策です。
【防風網を張って、強風対策】





やはり18日の未明から、強風が吹き荒れ瞬間最大風速では31mの暴風を記録…。これでは、収穫期の梨、豊水やあきづきも落果しました。 特にあきづきは風に弱いのか、他の梨よりも被害が多いように感じました。実際のところ果樹共済の評価員を担ってまして、18日午前中は当JAの直売所で、ぶどうの試食販売会を済ませ、午後から被害調査に出勤してきました。
【あきづきの落果状況】


そして帰ってからは、深夜まで籾摺り作業(T_T) ここで二階の籾箱を開けないと、翌日の稲刈りが出来ないので。
【台風でバタバタした〆は籾摺り作業】


そして10月2日が、豊水の機械選果が終了するにあたり、稲刈り後は主力の豊水のもぎ込みです。
【豊水収穫ラストスパート】






毎年の事ながら、圃場条件的にも収穫期後半いや、終盤にならないと熟してこないので、前半より残り5日間の収穫が勝負になってしまいます。
以前ほどではないですが、昔はラスト3日間で1000コンテナの収穫&出荷した事も…(T_T)

【最後の出荷】


そして昨日、最後の籾摺りを終えて、今日無事に出荷する事が出来ました。
今年の作柄は、やはり収量減でした。それでも、自分が想像していたより悪くなかったので、また来年に向けて課題をもって、取り組みたいと思います。

【ロザリオビアンコ】


さて10月も、まだシャインマスカット、ロザリオビアンコ、ピオーネと、ぶどう収穫もありますので、皆さん食欲の秋を満喫して下さい。

怒涛の9月??

どーも、松下です。
気づけば、blogの更新も9月に入りお初です(T_T)
今月は、ぶどう&梨の収穫に稲刈りと、一年を通じて最も重要な「収穫の秋」です。
幸水の収穫を終えて、稲刈りの準備です。作業場清掃から、コンバインや籾摺り機の点検を済ませ、準備万端にしておきます。
【稲刈り準備】




そして早稲品種の「こしいぶき」の稲刈りを、5日から始めました。

【こしいぶきの稲刈り】




9日に刈取りを終えた「こしいぶき」も、本日残りの籾摺りを終えました。
【籾摺りからの袋詰め】








また梨の豊水、葡萄のシャインマスカットが最盛期を迎え前に、ロサリオビアンコの初収穫です。

【ロサリオビアンコの収穫】


【シャインマスカット】




なんだか、まだ始まったばかりですが、この秋は、収穫減の感じをうけますね。

秋の気配…。

どーも、松下です。
ここ最近、だいぶ秋を感じる陽気になっております。
当初この夏は、暑さ厳しく残暑も長続きとの予報でしたが、秋風が稲穂を揺らし、なんだか夏の終わりを告げるような今日この頃です。
【夕焼けの田園風景】


さて当園では、幸水梨の収穫も終盤戦に突入し、収穫や選別作業後は、稲刈り前の最後の畦草刈りや、収穫を終えたハウスの防鳥網を片付けたり、夕方の僅かな時間を無駄にしないよう努めてます。

さて8月の下旬になると、多くのお問い合わせを頂いております。「シャインマスカットはいつ頃からですか?」
もうお客さまの方が、当園の状況を把握していただけているようです…。

「はいっ、もう間も無く皆さまのもとへ届けられると思います」
【シャインマスカット】


今月も残り僅かですが、お陰様で来月は、もっと慌ただしくなりそうです。
それでは、また(^-^)/

お盆も過ぎ…、

どーも、松下です。
お盆も過ぎ、曇りや雨のが多くて、なんだか夏の終わりを感じる、今日この頃です。
お盆前から期間中は、メインに巨峰の収穫&出荷等で、なかなかblogの更新も出来ないままおりました。
今年は、6月の低温と梅雨明けしない7月、巨峰の着色に苦労したように思います。
幸い、ご注文頂いていた巨峰は、これまでに対応出来たので一安心出来ました。
【巨峰の収穫〜荷造り】






お盆も終え、昨日から幸水梨の収穫も始まりました。
ここまで、果実肥大もまずまずです。
欲を言えば、もう少し日照時間が欲しいですねぇ。
【幸水梨の収穫】






季節も夏から秋へと、移りつつありますね。

8月がスタート!

どーも、松下です。
早いもので、今日から8月がスタートしました。今年は、梅雨明け宣言が出されないまま、7月が終わりましたね。
それか、後日になって「7月の何日頃に梅雨明けをしたとみられる」と宣言があるのか?わからないが….。

確かに、今日の天気も曇天でジメジメと湿度が高いようにも感じる….、なので巨峰の着色も苦戦しております。
【ハウス巨峰】


先月末までに、新高&新興の袋かけを終わり、コシヒカリも二回目の穂肥を撒いて、後期の栄養を与えました。
【新高の袋かけ】




【新興の袋かけ】


【コシヒカリ二回目の穂肥撒き】


【こしいぶきの出穂】


そして、ようやく作業場の大掃除を行い、明日から葡萄の収穫作業に入ります。
収穫を前にしての大雨の影響で、種なし栽培の巨峰等で、裂果がみられますね(>_<)

今日も、あっちぇ日でした(>_<)

どーも、松下です。
新潟県内は先日の17日、またもやヒヤヒヤするような豪雨に見舞われ、その後はまた、うだるような暑さ…(>_<) ホント、人間も果樹もこの天候には参ります。

雨天の日は、ロザリオビアンコの袋かけを行い。
【ロザリオビアンコの袋かけ】




豪雨後になりますが、幸水の仕上げ摘果を済ませました。
【幸水の仕上げ摘果】




時期的にも、今後裂果の被害も出てくる時期になりましたが、ほぼ今回の摘果が最終になる予定です。

そして今日の、最高気温は34.9℃(>_<) 午前9時を前に30℃越え、猛暑の中でしたが、午前中と夕方に分けて、コシヒカリの一回目の穂肥撒き行いました。
【コシヒカリの穂肥撒き】


先日の事もありましたので、今日は、こまめの水分補給に合わせて、塩も舐めての穂肥撒き。それにしても、暑い一日でした(*_*)

熱中症には、気をつけて!

どーも、松下です。
いや〜(汗)、連日気温も高く、真夏日の県内です。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
当園も、ようやくロザリオビアンコの摘粒を本日午前中に終える事が出来ました。さすがに、この時期の暑さは、屋外やハウスの中での作業は、熱中症と隣り合わせになっています。

というのも、先日から始まったハウスのビニール除覆で、熱中症の症状が出ましたね…(*_*)
【ハウスのビニール除覆】






この日、午前中にビニペットに止めているバネを抜いておき、夕方からビニールを除覆する予定に、もう一棟のハウス内で「傘かけ」を、行なっいました。
午前中からの暑さで、発汗した負けない様に、大量の水分を取っておりましたが、午後からの傘かけをしていると、今までにない大量の汗が顔や腕、そして脛の辺りからも吹き出していて、それがまた凄い塩っぱい汗なんです(>_<)
だんだん、手の指がつってきてチカラが入らなくなったので、コレはヤバいと思い、家に戻り「塩」を舐めて、水分補給。しばらく休んでから、作業に戻りました。
翌朝は、少し頭痛と指の関節の強張りがありましたが、無事に「防鳥網」を張る事が出来ました。
【防鳥網張り】




夜、テレビを観ていると「水中毒」なる症状が危険だと放送していました。
まさしく私のように、熱中症を気にする余り、大量の水分補給をした後、発汗と一緒に体内からの塩分が出ていき、そしてまた大量の水分補給を繰り返す事により、体内の塩分濃度が低くなると、脳や心臓の機能に悪影響が出るという「水中毒」の症状と一緒でした…(*_*)
今回、途中で塩を舐めに家に帰っていなかったら…危ないおもいをするところでした…>_<…
皆さんも、気をつけて下さいね。

| 1/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM