梨の受粉作業が始まります!

どーも、松下です。
今日は、冷たい雨に強風と体調を崩しそうな一日でした。
朝のうち、外は荒れた天候だったので、ぶどうハウスの中で、巨峰の芽かきを行っておりました。
【ハウス巨峰の芽かき]




11時頃からは、風も少し弱まったところで昨日から行っていた新興の花採りを再開です。
【新興の花採り】






この新興の花から雄しべの葯を採取します。
【脱穀の要領で採葯器で葯を採取】




【二回程 篩にかけて】


開葯器の中に並べて、1日ちょっとで葯が開いて、中から花粉が出てきます。当園では、この祖花粉を受粉作業に用います。
【開葯器の中は27度の温室】




誘引もまだルレクチエが終わっていませんが、来週からは受粉作業ウイークになりそうです。

そして昨日は、先週引き取りした、こしいぶきの出芽苗も6日目を迎えて、緑化し冠根も苗箱下から少しずつ伸び出てきたのを確認したので、育苗シートをはいで、いよいよプールに入水です。
【こしいぶきのプールに入水】






明日あたり、今度はコシヒカリのプールにも入水かなぁ(^。^)v


サクラに雪…。

どーも、松下です。
週末、新潟県内は「花見」に水を差すかのように、気温下がり雪が降るお天気(T_T)
【4月8日の朝】


満開のサクラが雪化粧をしました。
前日(7日)も、一日中気温も上がらず雨模様となり、育苗ハウスの中で育苗プール作りを行っていました。

【まずは中耕して】




【更に砕土し地均し】


レーキ等で苗床を整地していきます。
そしてビニールシートを敷きプール枠でもあるパイプに止めて完成です。
【育苗プール】




昨日(8日)雪の降る中、JAの育苗センターに「こしいぶき」の出芽苗を引き取りに行って、育苗箱を並べます。
【こしいぶきの出芽苗】




4〜5日間は、育苗シートで覆い緑化した頃、プールに入水を行います。

【寒さに負けるよぉー】


次回12日は、コシヒカリの引き取り予定日です。

今回の降雪で序盤に降った霰の影響で、梨の若い花そうが傷つき、黒く傷んでいます。 今後、何らかしら影響がありそうで怖いですが、まさかこの時期に雪になるとは…(T_T)
数日前まで、20度を超える気温から一気に冬に逆戻りするとは思いませんでした。

新年度が始まり

どーも、松下です。
新年度が始まり、相変わらずバタバタと慌ただしい毎日を送っております。
新潟でも、先日サクラの開花を宣言…、と思いきや、連日の20度近くの気温に間髪入れずに満開の開花状況になっているようです。(昨日今日は気温も低く寒暖差が大きい)
当然、我々が栽培する梨も早足で、花芽も脱ぽう期を迎えています。
【幸水も脱ぽう】


そんな幸水も、まだ誘引途中でして(T_T) 誘引をしながら、同時に要らない蕾を落とす「摘蕾」も行なっています。
幸水だけでも、あと数日はかかり、完全にルレクチエの誘引は終わらない状況です(T_T)
一方ハウス巨峰も、結果母枝先端の芽かきを行なったり、欧州系ぶどうのシャインマスカット&ロザリオビアンコは時間をみつけて結果母枝の誘引です。
【ハウス巨峰 芽かき】




【シャインマスカット】


【ロザリオビアンコ】


そして明日は、水稲の育苗プール作る予定。次の日に、こしいぶきの出芽苗の引き取りが控えています。

どうしても、この春の時期は作業的にもアレやコレや重複しちゃいますね。

それでは、また次回!

3月もラスト

どーも、松下です。
あ〜ぁ、今日もポカポカ陽気で梨の花芽も、だいぶ膨らみました。そして、今日は年度末の3月最後の日…。

当園では朝から、育苗ハウスのビニール被覆。 このハウスのビニール張りが最後の被覆になります。
【最後は育苗ハウスのビニール被覆】




和梨も、発芽期の防除を前に剪定枝の運び出しや…、フレールモアによる枝の粉砕等で剪定枝の処理作業。
【フレールモア】


和梨の誘引作業も、私の担当の「あきづき 」を終えて再び「幸水」に戻ってきました。
今段階の開花予想からしても、誘引は間に合わない感じがしています(T_T)

最悪…、花粉付け後の誘引を覚悟しています。

そして昨日よりハウス巨峰も加温機を稼働しました。
【発芽期のハウス巨峰】


明日から新年度を迎えるわけですが、ただただ時の経つ早さに翻弄されております。

寒さ戻ったお彼岸

どーも、松下です。
3月もあっという間に彼岸の中日を過ぎて、バタバタと慌ただしい日々を送っておりまします。
寒さ暑さも彼岸まで…、と言うもののこのところは寒が戻って、気温も低くい日が続いています。

組合での二回目のビニール被覆も終わり、三回目の被覆準備をしながら、加温機の点検整備を行い煙突たてを行なったり、ようやく幸水の誘引を始めました。
【加温機の保守点検など】



そして、やっと私も誘引開始です。
この時期に誘引を始めるのは、私が就農してから20数年で一番遅いスタートだわ…。
この冬の大雪で、完全に後手後手になってるぅ(T_T)

【幸水の誘引】




雨天の日は、被覆を終えた二棟のハウス内で、巨峰の結果母枝の誘引を行い、昨日誘引を終えたので、今日は午後から剪定枝の運び出しです。

【ハウス巨峰の結果母枝の誘引】






【剪定枝は緑のリサイクルセンターへ】


ハウス内の剪定枝の運び出しが終えたので、明日あたり巨峰は休眠期防除を予定しています。


ビニール張りとインフルエンザ

どーも、松下です。
何年ぶりだろうか?この度インフルエンザで寝込むことになってしまいました。
先週の金曜日(9日)この日は、ハウスの共同ビニール被覆の予定でしたが、悪天候で翌日に順延となりました。その日は朝から膝や腰の節々が痛く、なんだか嫌な予感がしていました。 夕方からカラダも怠く早めの就寝。

翌10日は地元では春の風物詩の一つ、ぶどうハウスのビニール張りが始まったのですが、とにかく膝が痛すぎるし腰にチカラも入らず、初日を終えた夜からは熱も出てきました。
【当園のぶどうハウスも一棟被覆】




昨日(11日)は休日診療に受診してきました。検査の結果はインフルエンザB型の診断でした。 今年は、まだ予断を許しませんね。(私の他にも何人かいました) 今回のインフルエンザは症状もかるい?みたいなことを聞いていたのですが、熱も39度超えもしたし、全身バッキバッキ痛いです。 まだまだ皆さん、気温の寒暖差も大きいので体調管理には、じゅうぶん気をつけてください!
【幸水の剪定も終わらないまま】


ホント今年は、仕事が間に合わないわ(T_T)

3月に入り

どーも、松下です。
3月のスタートは、大荒れの天気で始まりました。
県内の各地では、暴風が吹き荒れ春の嵐に、屋根のアタンが捲られたり…、大型トラックが横転したり、電柱が倒れたりと、大変な一日になりました。

そして、この風雨で雪解けも進み、だいぶ畑の雪も少なくなりましたね。

幸水の剪定も、最後の畑に入りました。まだ先は見えていないですが、共同のハウス張り作業を前に…、当園も昨日一昨日と、事前準備を行いました。

天窓の換気のビニールや、サイドの換気ビニールの交換などの準備です。
昨日は気温も上がり暑いくらいで、夕方まで軽装で作業も出来ました。
【ハウスの事前準備】






共同でのビニール被覆も、一回目が9日からの予定です。
今後の天候が心配にもなりますが、まずは順調に作業が進む事を、願うばかりです。

では、また!

2月も終わる〜ぅ

どーも、松下です。
あっと言う間の2月です。
明日28日で2月が終わっちゃいますが周りの田畑は、まだまだ多くの雪に覆われています。
【田んぼからの山の稜線】


3月には、ぶどうハウスのビニール被覆が始まる予定ですが…、まだ50cm位の積雪があり今週末、組合で会合を開いて今後の被覆日程の調整会議になります。

このままでは、融雪も期待出来ないので「くん炭」を撒いて、少しでも融雪の促進を目的として、今朝はハウス内の雪の上に、くん炭撒きです。
【くん炭撒き】




そして今日、幸水のひと園地の剪定を終えて、ようやく最後の川原の幸水の剪定に入りました。
【幸水の剪定】


数年前から、幸水も樹の老化と胴枯れ病との問題を抱えて、剪定もなかなか以前のようにとはいきません。
毎年、樹冠を拡大しても縮小したりと、うまくいかないものです。
今年は、ハウスの準備前に剪定も終わらない事態になっておりますが、間違いなく春は近づいてますね(T_T)

そんなこんなで、明日は朝から会議の予定なんです(泣)

春はどこへ?

どーも、松下です。
平昌オリンピックも日本選手のメダル奪取で盛り上がっている今日この頃ですが、今年の冬は例年より長く感じます。春はどこへ?
先日の14日、北陸地方に「春一番」を観測し、県内でも夜半に強風が吹き荒れました。
気温も押し上げたのか、融雪も進み果樹園の積雪も減ったのがわかりました。
【ルレクチエ園】




それでも、まだ雪も深いので(^_^;) 近場の、あきづきの剪定を行なっています。
【あきづきの剪定】


今日は?というと、強風で時折吹雪にもなっていたので、秋の格納時にまだコンバインの刈り取り部も組み立ても終わっていなかったので、作業場内で組み立て作業をしていました。
【まだ終わっていなかった…。】






気づけば今月も半月を過ぎてますが、まだまだ剪定も残ってます。
オマケに来週は会議や会合が多い一週間になりますわ(^_^;)

今日が、まだ1月の中旬だったらいいのになぁ。

またまた大雪です。

どーも、松下です。
立春を過ぎても「立春寒波」の影響か?北陸から日本海側で大雪に見舞われております。
地元新潟の三条市でも、今回は里雪型の雪になっているみたいで、積雪も1m超え、平野部や海岸部でも平年の3倍〜6倍の積雪になっております。

毎朝起きると30cmの降雪があり、この3日間は朝と夕方の一日二回の除雪で、家周りの雪を、捨てる場所がなくなる程です(T_T)
おまけに、子供たちもインフルエンザの流行に乗っかり、学校も学年閉鎖&大雪で臨時休校と、この寒気と大雪で生活が災害レベルの注意喚起が出ております。
こうなると我々果樹農家は、果樹棚の倒壊など毎年被害を受けます。
今日は午後から、久しぶりに雪も止んだので、早速果樹棚の雪落としに行ってきました。
畑道を腰まで埋もれながら進み現場へ、棚下の空間も積雪で狭く、この後更に降雪があると、雪の重みで間違いなく果樹棚は潰れるくらいでした。
【雪に覆われた梨園】


棚下では作業も捗らないので、当園では、果樹棚の上を歩きながら、幹や枝を揺すり雪を落としていきます。
夕方には、かいた汗も冷え冷えで(T_T)
【雪落とし】


今日なんとか、心配していたルレクチエと新興の雪落としを終えましたが、まだ幸水と新高が残り、明日以降になりますね。
【雪を落としたルレクチエ】


今年になって、二回の雪落としになりましたが、毎朝雪イジリばっかりで剪定も捗りませんが、果樹施設が被害を受けてからでは、元も子もないので明日も雪落とし頑張りますかぁ(>人<;)

<< | 2/28PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

新潟県三条市の農家より

このブログについて
私たちは新潟県三条市の大島地域で農業を営んでいます。
このblogで農業の楽しさや喜び、時には苦労など。。。
気取らない生の日常を発信していけたらと思います。
24時間365日、生命とのふれあいの記録をゼヒ。

松下農園プロフィール

松下弘樹

樹の特性を樹から学び、樹が持つ力を最大限に引き出し、熟成させた果物作りを目標に日々努力しています。

生産・販売品目
  • 葡萄(巨峰・ピオーネ・ブラックビート・ロザリオビアンコ・ロザリオロッソ・シャインマスカット・ルーベルマスカット)
  • 日本梨(幸水・豊水・あきづき・新高・新興)
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 水稲(コシヒカリ)

石黒農園プロフィール

石黒貴久写真

石黒農園8代目。
「美味しさ」への徹底した追求、品質へのこだわりを掲げ、独自ブランド 『果物物語』 を展開中です。
また、同名「果物物語」のリーフレットも不定期発行しています。

生産・販売品目
  • 日本梨(愛甘水・幸水・豊水・新生・新高・新興
  • 西洋梨(ル レクチエ)
  • 桃、葡萄、水稲など

その他の記事

カテゴリー

過去の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

管理者について

ブログ内を検索

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM